繋がりが深まるウェディング

Start content

結婚式はもっと身近で良い

なぜみんな、思い入れのある場所で結婚式をしないのだろう、できないのだろう…
田舎町に育った私はずっとずっと不思議でした。
みんなが結婚式場で結婚式をするからなんとなく、いや、当たり前に結婚式場で結婚式をしている…
その選択は間違いではないし、否定することもありません。
けれど、「そんな選択肢があったんだ!」と知ることができていれば、
選べたこともあるかもしれない・・・
田舎での結婚式は都会に比べて圧倒的に選択肢や情報が少ない。
思い入れのある自宅や町の広場、思い出のレストラン…

自分の好きな場所だから、自然とこぼれる笑顔がある。
肩肘張らずにゆったりお食事できる‥

普段通りのその場所だからこそ、大切な晴れの日が、
より一層特別な場所に変わるのではないでしょうか。

まち

地元のひとにとっては、そこは生まれ育ったまち。小さな頃から見てきた景色。触れ合ってきた文化。
遠方のひとにとっては、そこは初めて訪れるまち。初めて見る景色。初めて触れ合う文化。
そこに集まる人々にとって、その「まち」の存在が大切で、温かく、特別なものとなるきっかけをつくります。

詳細を見る

ひと

結婚式をつくるスタッフ、関わってくださるひと。結婚式に列席するゲスト、新郎新婦、そしてそのご家族。
私たちneiroの結婚式がきっかけで出逢った人と人とのご縁を深く、豊かにするためのお手伝いをします。

詳細を見る

ふたり

neiroに出逢ってくださった新郎新婦。ふたりの想いを丁寧に受け止め、準備期間から結婚式当日までが
楽しいのはもちろん、そのすべてが「大切なそのときどきの思い出」としていつまでも心に残る時間を重ねていきます。

詳細を見る

「特別な1日」は「なんでもない日常」の延長線にある

  1. neiroの七五三撮影
PAGE TOP